このホームページはJavaScriptを使用しています
あいえす造船株式会社 あいえす造船株式会社
I-S Shipyard Co.,Ltd.

ニュース  news

2011年5月9日
 
「島四国」に参加しました。

4月21日から23日までの3日間にわたって、毎年恒例の『島四国』が行われました。
島四国とは、本社工場がある今治市大島で文化4年(1807年)に四国八十八箇所になぞらえて大島に88箇所の霊場を開創されました。本四国霊場(四国八十八箇所)に比べ手軽に巡拝できることから、毎年県外からも多数の巡拝者が訪れます。

コースは全行程63qの遍路道を通常2泊3日で歩きますが、最近ではバスや自動車で巡拝する方々もいます。島四国の期間中は接待などのおもてなしをする場所が島内各所にあり、当社も接待所を設置し巡拝者の方々へお接待を行いました。


本社工場前を通過中の巡拝者の方々


バスから降りてくる巡拝者の方々


お接待所を訪れる巡拝者の方々


五十一番所での巡拝風景
 
大島准四国霊場の由来

この霊場は今から約200年前1807年(文化4年)に島民である医師毛利玄得、修験者金剛院玄空、庄屋の池田重太の3人の努力により開創されました。
玄得は幼少の頃出家し仏門に入りましたが、成人の後医業を継ぐ事となり還俗しました。後年その志を断念したことを悔いて本四国霊場を数度巡拝し、その地理地形に合わせて大島に島四国霊場を開創しました。

ニュース一覧はこちら